ホーム > 5秒で学ぶ「看護師国家試験」

5秒で学ぶ「看護師国家試験」

イメージ

イメージ

107回午前:問1、問3、問4、問5、問8、問32、問35、問36、問42、問48、問53、問54、問65、問69、問77、問85

107回午後:問1、問9、問11、問12、問16、問20、問21、問27、問29、問30、問41、問43、問45、問53、問55

107回 午前
(99回~107回は上部の目次からご確認ください)

  1. 平均寿命は、0歳の平均余命である。
  2. 一般病床の平均在院日数は16.5日である。
  3. ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群に関係する。
  4. 地域包括支援センターは、介護保険法に基づき設置される。
  5. QOLを評価する項目で最も重要なのは本人の満足感である。
  6. 手掌把握反射は原始反射である。
  7. 依存と独立のアンビバレント〈両価的〉な感情をもつことは、思春期にみられる感情の特徴である。
  8. 高音域における聴力が低下するのは、老年期の身体的な特徴である。
  9. 一般病床の看護職員の配置基準は、入院患者3人に対して看護師及び准看護師1人と法令で定められている。
  10. 迷走神経は、嚥下に関わる脳神経である。
  11. ホルモンの代謝は、肝臓の機能である。
  12. アルカローシスは、頻回の嘔吐で生じやすい。
  13. 物理的圧迫は、関節や神経叢の周辺に限局して起こる感覚障害の原因となる。
  14. 遠隔転移することは、良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴である。
  15. ALT〈GPT〉は、肝障害の指標となる血液生化学検査である。
  16. グリセリンは、排便を促す目的のために浣腸液として使用される。
  17. フェンタニルは、他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管することが法律で定められている。
  18. 「退院後はどのように過ごしたいですか」は、聞かれた質問である。
  19. 笛のような音〈笛音〉は、高調性連続性副雑音である。
  20. 左片麻疹のある患者の介助では、患者をベッドから車椅子へ移乗介助するときは、患者の右側に斜めに車椅子を配置する。
  21. 下痢は、経腸栄養剤の副作用(有害事象)である。
  22. 15%塩化カリウムは、静脈内注射を行う際に、必ず希釈して用いる。
  23. 充塡された酸素ボンベの保管場所は火気厳禁とする。
  24. ブレーデンスケールは、褥瘡発生の予測に用いる。
  25. 国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高い年齢階級は70歳以上である。
  26. 赤血球には、核が無い。
  27. 自発呼吸では、吸息相において時間とともに陰圧が高まり、呼息相になると再び元の胸腔内圧を示すようになることを繰り返す。
  28. 若年者の急性大動脈解離では、マルファン症候群の患者にみられることが多い。
  29. 社会保障給付費の内訳は、年金>医療>福祉その他の順となっている。
  30. 市町村保健センターの設置は、地域保健法に定められている。
  31. 「夜に何度もトイレまで歩くのは疲れます」と訴えている入院患者には、夜間の尿器の使用を勧める。
  32. リスボン宣言では、良質の医療を受ける権利を宣言している。
  33. 看護における問題解決過程では、看護問題の優先順位は変化することから、多面的な情報を分析する。家族を含めた看護計画を立てる。
  34. ウェーバー試験には、音叉を用いる。
  35. 患者と看護師が面談をする際、両者の信頼関係を構築するために、看護師は患者と視線の高さを合わせる。
  36. 経鼻経管栄養法で胃管を挿入する際には、咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。
  37. 看護師が患者を仰臥位から側臥位に体位変換する際には、患者の支持基底面を狭くする。
  38. 入浴の際には、浴槽から出たときに血圧が低下しやすい。
  39. 輸血後移植片対宿主病〈PT-GVHD〉は、輸血後、数日から数週間経過してから出現する副作用(有害事象)である。
  40. 上部消化管内視鏡検査の体位は左側臥位とする。
  41. 食道再建術を受ける患者へは、「麻酔の際は喉に呼吸用の管を入れます」と説明する。
  42. 肺気腫は、生活習慣が発症に関連している。
  43. 再生不良性貧血は、難病法に基づく医療費助成の対象となる。
  44. 慢性疾患の患者に対する自己管理の支援では、自分の身体徴候を把握するように指導する。
  45. 看化学療法後の血液検査にて好中球数300/mm3であった場合、日和見感染症のリスクが高い。
  46. 腰椎椎間板ヘルニアで保存的療法で経過をみることになった際には、「前かがみの姿勢を控えましょう」と指導する。
  47. エリクソン,E.H.は、老年期の心理社会的葛藤を「統合」対「絶望」と表現した。
  48. 国民生活基礎調査における65歳以上の高齢者がいる世帯では、親と未婚の子のみの世帯は2割である。
  49. 抗レビー小体型認知症で、ご飯にかかっているゴマを虫だと言って騒いだことがあったAさんが、介護老人保健施設の短期入所を初めて利用する際には、細かい模様のある物は片付ける。
  50. 腹膜透析をできるのか心配するAさんに、「同年代で腹膜透析をしている人の体験を聞いてみましょう」と対応する。
  51. 大腿骨頸部骨折のため人工骨頭置換術を受けた後には、股関節脱臼に注意する。
  52. IgAは、胎生期には存在しないが、出生後から増加して10歳ごろには成人と同等となる。
  53. 硬膜下血腫では、頭部CTにおいて、硬膜とくも膜の間に三日月状の血腫を生じる。血液と髄液の混合物は脳を圧迫して、大泉門は膨隆を認めるようになる。
  54. 性同一性障害〈GID〉/性別違和〈GD〉では、生物学的性と性の自己認識とが一致しない。
  55. ルービン,R.による母親役割獲得過程におけるロールプレイでは、人形で沐浴の練習をする。
  56. 夫婦ともに外国籍で、日本の在留資格を取得している妊婦には、「妊婦健康診査は公費の助成を受けられます」と説明する。
  57. 大震災の2日後、避難所にいる成人への心理的援助では、ストレス反応に関する情報提供を行う。
  58. 修正型電気けいれん療法は、全身麻酔下で行う。
  59. 自殺念慮を訴える患者で、自殺する日を決めているのは、自殺が切迫している状態である。
  60. 養護者による虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者が、高齢者虐待防止法に基づき通報するのは市町村である。
  61. 嚥下障害のため胃瘻を造設しているが、自分の歯が数本残っている場合、歯垢の除去には歯ブラシを用いる。
  62. 特別訪問看護指示書による訪問看護では、医療保険が適用される。
  63. 要介護2の高齢者の在宅療養支援において、訪問看護師は日常生活動作〈ADL〉の向上のための訓練を支援する。
  64. 医療保険適用者の約3割が国民健康保険に加入している。
  65. 訪日本の医療提供施設では、人口対病床数は先進国の中で最も多い。
  66. 看護師等の人材確保の促進に関する法律では、看護師が自ら進んで能力を開発することの努力義務を定めている。
  67. 災害医療では、医療計画の中に災害医療が含まれる。
  68. 在中性脂肪は、胸管を通って輸送される。
  69. プロゲステロンは、着床が起こる時期に血中濃度が最も高くなる。
  70. 腹部CTで、胆石により、胆嚢の出口が閉塞した状態は嵌頓である。
  71. 重症筋無力症では、胸腺腫の合併が多くみられる。
  72. 論理的思考を制御する領域は前頭葉であり、頭部CT画像の上部となる。
  73. 健康日本21(第二次)では、糖尿病の合併症のうち、腎症による透析患者の減少を目標としている。
  74. 創傷の治癒過程において、炎症期には滲出液が創に溜まる現象が起こる。
  75. メニエール病の患者には、静かな環境を保持するよう指導する。
  76. 車椅子では、左に偏った姿勢を長時間続けると、左坐骨結節部に褥瘡が発生しやすい。
  77. 1~4歳の死因で最も多いのは、先天奇形、変形及び染色体異常である。
  78. 白血病の終末期で入院しているAちゃん(8歳)の家族へには、「Aちゃんが食べたい物を食べて良いです」と伝える。
  79. 育児・介護休業法では、3歳未満の子どもを養育する労働者が所定労働時間の短縮を希望した場合、事業主にその措置を義務付けている。
  80. 難病患者が自分の病気について学ぶことで不安を解消しようとする防衛機制は知性化である。
  81. 夜勤の看護師からの引き継ぎが終了した後に日勤で行う業務では、人工呼吸器を装着中の患者の状態の確認を優先して行う。
  82. 正中環軸関節と上橈尺関節は、車軸関節である。
  83. 嚥下運動に伴って、舌根の沈下と甲状腺の挙上が起こる。
  84. パルスオキシメータでは、酸素飽和度と脈拍数を数値で表示する。
  85. 網膜剥離では、前駆症状として光視症がみられる。確定診断のために眼底検査を行う。
  86. 労働基準法では、産前産後の休業と妊産婦の時間外労働の制限が定められている。
  87. ヒト免疫不全ウイルス〈HIV〉感染症では、適切な対応によって母子感染率を下げることができる。性行為の際には必ずコンドームを使用するよう指導する。
  88. 前立腺肥大症のため経尿道的前立腺切除術を受けた後の退院指導では、水分摂取を促して排便時に強くいきまないように指導する。
  89. 精神科病院で行動制限を受ける患者へは、行動制限の理由を患者に説明する。原則として2名以上のスタッフで対応する。
  90. 3L/分で酸素療法中の入院患者が、500L酸素ボンベ(14.7MPaで充塡)を用いて移動した。現在の酸素ボンベの圧力計は5MPaを示している。酸素ボンベの残りの使用可能時間は57分である。
  91. 狭心症の発作時はST低下がある。
  92. 経皮的冠動脈形成術〈PCI〉手術直後の観察項目には、抗凝固療法による出血の有無と両足背動脈の触知がある。
  93. 労作性狭心症の再発を心配するAさんに、「重い荷物を運ぶ作業は控えましょう」「睡眠時間を確保しましょう」と指導する。
  94. 胃全摘出術後、硬膜外持続鎮痛法が行われているが、創部痛が強いため血圧は162/90mmHgと高い。
  95. 胃全摘出術後、食事の後に、めまい、顔面紅潮、動悸、下腹部痛を伴う下痢が出現し、冷汗がみられるようになったのは、ダンピング症候群である。
  96. 胃全摘出術後、空腹時はコーヒーなどの刺激物の摂取を避ける。
  97. 上腕骨近位部骨折の保存療法では、バストバンドと三角巾で骨折部を固定する。
  98. トイレに行く際に転倒して上腕骨を骨折したAさんがトイレに行くことになった。移動の方法として、しばらく座位をとってから立ち上がる。
  99. 退所後の再転倒を予防するため足関節の底背屈運動をするように指導する。
  100. 食物アレルギーによるアナフィラキシーにおいて、受診時に観察する項目では、心拍数の優先度が高い。
  101. 保育所で食物アレルギーを起こし入院となったAちゃんの母親が病院に到着した際に、看護師は来院時から現在までのAちゃんの様子を伝える。
  102. 隣の席の園児の卵を摂取して食物アレルギーを起こしたことから、「今後の給食時の対応を保育士と相談しましょう」と母親へ指導する。
  103. 在胎38週4日での予定帝王切開術、身体所見は身長49.0cm、体重2,900gであることから、この児は成熟児である。
  104. 出生後2時間で、呼吸数75/分、鼻翼呼吸および呻吟がみられ、経皮的動脈血酸素飽和度〈Sp02〉87%は、新生児一過性多呼吸〈TTN〉である。
  105. 日齢7で、体重が生まれたときから30gしか増えていないことを心配した母親には、「このまま直接授乳を続けて良いですよ」と対応する。
  106. 出統合失調症により隣人とトラブルを起こして入院したAさんの退院について、不安を持つ両親には、退院後に活用できる社会資源について情報提供する。
  107. Aさんの両親は高齢であることを理由に自宅への退院には同意しないことから、退院を計画的に進めるために医療保護入院者退院支援委員会の開催を行う。
  108. Aさんの精神科リハビリテーションを進めるにあたり、病棟看護師は退院後生活環境相談員と連携する。
  109. 2型糖尿病でインスリン自己注射を行っているAさんは、夕食時間にばらつきがある。「時々汗が出て手が震えることがあります」と相談したAさんには、決まった食事時間を設定するように指導する。
  110. 眼が見えにくく、インスリンの量が多い日があったAさんが、長女と一緒に外来を訪れた。外来看護師は「インスリンの量は娘さんが一緒に確認しましょう」と助言する。
  111. 「甘い物ばかり食べる母を叱ってしまいます」というAさんの長女には、「甘い物を食べてしまうAさんの気持ちを聞いてみましょう」と提案する。
  112. 夜間に胸痛にて救急外来を受診したAさんは、日本語を少ししか話すことができない。妻が病院に到着するまで、Aさんの理解度に応じた日本語で症状を聴取する。
  113. 入院する費用を心配するAさんには、医療費は国民健康保険が適用されることを説明する。
  114. 急性心外膜炎で5日分の消炎鎮痛薬が処方されたAさんから、2日後に薬がなくなったと連絡があった。看護師はAさんの痛みの程度を確認する。
  115. 抗ヒスタミン薬の内服により口の中が渇いて食べにくい場合、摂食・嚥下の準備期に障害が起きている。
  116. Aさんは摂食不足から体重は1か月間で2kg減少した。疲労感から外出が減り血清蛋白も低下している。このときのAさんに出現している現象は筋肉量の減少である。
  117. 胎児心拍数陣痛図において、胎児心拍数基線150?160bpmは一過性の変動部分や基線細変動増加の部分は除外し、2分間以上持続する部分で判断する。
  118. 陣痛のたびに緊張して身体を固くし、痛みがないときは眠そうにしているAさんには、「眠いときは眠るようにしましょう」と対応する。
  119. 機能性月経困難症は、プロスタグランディンの過剰産生によって起こる。
  120. 機能性月経困難症では、下腹部を温める。
PAGE TOP